MELON LEGEND
~団長 ひろにぃの一人ゴト~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ファイテンビーチバレーJBVツアー2007 第3戦 宮崎 回顧 ②
ファイテンビーチバレーJBVツアー2007
第3戦 霧島酒造オープン

では続きで本選2日目の回顧をサクッと? ガッツリと?w


5月20日(日) 本選2日目


日テレのクルーの人にも「明日も1番でしょw」って言われてたし
昨日よりは出足も早いだろうって事で早々にホテルをチェックアウトして
5時過ぎに現着
想定通りでまた1番乗りなわけで
昨日の出足を見ればそんな早く来る必要も無かったんやけど
やっぱ1番取りたかったんでw
でもその後の出足はやはり昨日よりは早め
で、お初の方が多かったようで、また色々聞かれるスタッフの“てい”でw


今日は準決勝なんで選手の皆さんも出足が早く
横通る時、会場入りする時はいつものように
「おはようございます」とご挨拶の交し合い
佐伯選手も現れて普通に挨拶したけど、
その後も何かとうちらの周りを普通にうろうろw
その場に馴染んでる“てい”でw

スタッフの人にも「今日も一番乗りですね」と声掛けられちと談笑w
「今日も暑いですけど頑張って下さい」と労いの言葉も掛けつつ


お馴染みの日テレのクルーの人は取材陣では昨日は一番乗りだったのに
今日はかなり遅めw
でも来てしばらくすると俺に対して
「ではいきましょうかw」の“てい”で朝一のインタビュー取材スタートww


そんなこんなで今日の開場は15分早まって8:15
今季ツアー3度目の一番乗り~♪
って逝った3回全てやけどw

敷地内入ると「一番乗りだね」と声を掛けられ
「ええ、一番乗り~♪」と指を一本突き上げる俺ww

そんな陣取る場所は・・・いつもと一緒。主審やや左ズレ
な○せと2人、毎回の事やけど同じとこに居るのは重要やから


試合開始前、DJを務めてる山本ゆうじさんが客席を煽りに
すると俺らが盛り上がってたんで
「ここ盛り上がってるねえ」とまずは俺にマイク向けてきてw

DJ「どこから来たの?」
ひろにぃ「兵庫県」
準決勝第1試合で戦う兵庫県出身の藤原選手がコートで練習してて)
DJ「兵庫県と言えば彼女も兵庫県ですよね、一声かけて」
ひろにぃ「頑張って下さい(めっちゃ普通にw)」
DJ「それだけ~w」
ひろにぃ「いやいや、まだ朝なんでテンションが上がって無くてw」
笑ってる藤原選手
まあそれもあったけど、藤原ペアは関西とは言え
相手が佐伯ペアなんでどうしてもそっちへ気持ちがw
しかし俺にどこまでのものを求めてるんだww
DJ「誰の応援?」
ひろにぃ「浅尾選手・・・浅尾・西堀ペアを応援してます」

などと言うようなやり取りがマイクを通じ場内にw
その後はな○せもマイク向けられて、その他数人にも


そんな感じで場内もあったまって、
まずは準決勝に進出する4チーム、8選手の選手入場
一人一人コールを受けて場内を一周
ここは声かけたり、ハイタッチしたり
選手も走りながらなんで軽く気合い入れの感じで基本はハイタッチのみ
でもやっぱ浅尾・西堀ペアには月並みだけど声かけ

「タケさん、頑張って!」

タケさんはそのまま反応せずにハイタッチのみで行っちゃう事も多いけどw


美和ちゃんがこっちへ来る時

ひろにぃ「美和ちゃん!」

って両手を差し出して招き入れ♪

すると美和ちゃん「あっ!」って言って表情が超笑顔になるのが堪んない♪


※この辺は毎回隣に居てその状況を見てるな○せに聞いてもらえればわかるけど、
 毎回悔しいってwww


その後はサムアップを見せて“勝とうね”のサイン

で、目の前に来た時に

ひろにぃ「頑張って!!」

と声掛けながら走り抜ける彼女とハイタッチ♪


美和ちゃんはいつも笑顔で「はいっ」とか「はいっ、頑張ります!」とか
言いつつ頭を下げて
何度も言うけどいつも毎回好感度が大アップ♪


さて全8選手がコートに揃った後は準決勝第1試合

佐伯・楠原ペア―藤原・駒田ペア

21-12
21-13

セットカウント2-0で佐伯・楠原ペアの勝利
今日は昨日のような風は全く無く、展開に紛れも無く力がそのまま出る流れ
佐伯ペアがとにかく強いと感じられた試合


さあいよいよ準決勝第2試合

浅尾・西堀ペア―田中・小泉ペア

チャンピオンの田中・小泉ペアとここで当たることに
でも上に行くには超えないといけない壁
でもさっきも言ったように風等気象条件に左右されるものは無し
俺もとにかく声出して、声掛け捲って熱く応援
そんな中、第1セットは詰めのとこで力の差が出て落とすことに
後が無い第2セット。
途中連続ポイントで波に乗り一時はリードする展開
でもそこで動じないのがチャンピオンチーム
追い上げられ遂に逆転され・・・

17-21
19-21

セットカウント2-0で田中・小泉ペアの勝利
第2セットは途中ほんとに惜しかったけどここ一での力の差がまだ・・・

この時点で浅尾・西堀ペアの3位が確定
7大会連続3位でまたしても決勝進出という壁を超える事が出来ず

試合後のインタビューでも涙こそ無かったけど相当悔しいそうな顔してたなあ
とにかく俺も悔しかった
なんせこの宮崎へ来た一つの目的が

“悔し涙を嬉し涙に!”

ってことやったから
とにかく悔しい
けど次、頑張ろう!


次は男子準決勝2試合

朝日・白鳥ペア―渡辺・西村ペア

21-15
21-19

セットカウント2-0で朝日・白鳥ペア勝利


森川・山本ペア―高尾・仲矢ペア

21-14
21-17

セットカウント2-0で森川・山本ペアの勝利


この男子準決勝中に外で休憩してた時があったんやけど
日テレのクルーさんとはまたまた談笑などしたりして
周りは人もほとんど居なくてまったりしてると
1台の車が選手・関係者入り口付近に停車
見ると乗ってるのは浅尾選手と西堀選手♪
たまたまそこに居合わせた人は会場内に入ろうとする流れも
サインをもらったりしてて
俺はこの時は手ぶらで何も用意して無かったんでサインはもらえない
でもやる事は数秒で整理w
2人目がサインもらって行きけるのを呼びとめて

ひろにぃ「美和さん!」

ここは何故か“さんづけ”w
で、呼びかけて手を差し出す俺


美和ちゃん、またまた「あっ!」てな感じで笑顔になって両手を添えて握手♪

ひろにぃ「また次頑張って下さいね」

美和ちゃん「はいっ、頑張ります」


ひろにぃ「新舞子の時こけちゃたの僕なんですよw」

美和ちゃん「あっ、そうですか。大丈夫でしたか」

そりゃ誰がこけたまではあの状況ではわかるはずもなくw
とにかく会場内へ入らないといけなかったんで話しながら入り口へ向かう美和ちゃんw

ひろにぃ「ブログ(正確にはオフィシャルサイトのDiary)に書かれてたんで
     気を遣わせて、謝っておこうかと」


美和ちゃん「いえいえ」

俺は両手を合わせて“ごめんなさい”のポーズで頭を2、3度下げてw
お互い話しながら頭を下げ合ってww


短い間ながらも会場へ入るまで長々としゃべってて♪
隣にはな○せも居たけど声掛ける間も無かったってww

まあ細かいことはともかく俺が宮崎に来たもう一つの目的


“気を遣わせてしまった事へのお詫びにw”


この目的は見事達成♪


この状況の中でよく出来たもんだなとw
やっぱなんか引き寄せるものがあるんかなwww


準決勝が終わって決勝まで若干インターバルがあって
愛知の時はプレゼント抽選会などやったんやけど
今回は予定も出てないから何も無いんやろなあと思ってると
コートに美和ちゃんらが試合着(水着)で登場♪
昨日も生放送した地元のMRT宮崎放送の企画で準決勝で負けた2チーム
浅尾・西堀ペアと藤原・駒田ペアが地元の小学生らと
エキシビションマッチをするとのこと
2対5で5点先取で各ペア2試合づつやって。
これがまあ和気あいあいとした感じで超楽しくて
選手も超楽しそうに笑い合いながらで
普通にプレーしたらイエローカードが出て小学生チームのポイントになったり
藤原・駒田ペアが大人げ無いプレーしたら、
俺や浅尾・西堀ペアもカード催促してみたりw
浅尾・西堀ペアもカードもらってたなあw
最後は大人のイオンチームが出て来て、こっちも4選手全員で戦ってみたり
とにかく笑い声が絶えないいい試合やったわ♪
ああいう楽しそうな選手の顔は見ててもほんといいもんやね


あとこのインターバルではジャンクSPORTSのインタビュー取材も受けてw
1人でカメラ回して聞き回ってたけどww
これは使われる可能性はかなり低いやろうけど是非使って欲しいねえwww


さていよいよ決勝戦

女子決勝

佐伯・楠原ペア―田中・小泉ペア

最初のコールを受けての場内1周
またファイテングッズを手にしてたんで
佐伯選手が来た時に新舞子同様またまたアピールw
両手差し出して「下さい」って感じで手招きしたんやけど
それ見て佐伯選手、新舞子の時同様微笑みながら首を「う~んw」って傾げたんやけど
今回は持ってるグッズをぶらぶらさせて「あげないよw」のポーズww
結果俺の前を通り過ぎて投げ入れw
でもまあこの反応はこれはこれで美味しいわけでw

おかげで楠原選手とはハイタッチし損ねたけど、
田中・小泉ペアには「頑張って下さい」と声かけハイタッチ


昨日、田中・小泉ペアを破ってる佐伯・楠原ペア
互角の展開ながらも田中・小泉ペアが途中までリードしてたけど
ややらしくないミスもあった田中・小泉ペア
一方、攻撃・守備共に冴えを見せ、勢いのある佐伯・楠原ペアも追いついて
見応えのある第1セットは佐伯・楠原ペアが先取
第2セットも競り合うかと思われたけど結果的には

22-20
21-12

セットカウント2-0で佐伯・楠原ペアの優勝
佐伯選手的には久々の優勝


尚この試合の終盤に来るかもと噂のあった東国原宮崎県知事が登場
テント下の川合会長の横に案内されたんやけどそれが試合中だったもんで
観客の視線、取材陣はほぼみんなそっちにいっちゃって
公務のタイミングで仕方無いとは言え、決勝の大事な最中にちょっと間が悪かったかな


決勝終了後にはコート内に入って優勝した佐伯・楠原ペアに労いの言葉
その後は浅尾選手が準決勝以上に勝ち上がった全選手のサインが入った
サインボールを持って登場して知事と対面
まあこの辺のやり取りはニュースで流れてたんでいいかとw
俺はちょうど真横からこのやり取りを見てやしたw

で、知事はこれが終わると早々に退散w
せっかくなんでちょっと覗きにw
美和ちゃんが移動する時の取材陣の大移動も凄いんやけど、知事の移動でも同様にw


人だかりの中、2、3人にサインしてる東国原知事

俺的には車に乗り込む直前に

ひろにぃ「知事、お疲れ様です!」

知事「ありがとう!」

と言って握手したんやけどその握手がやはりと言うか完全に“政治家の握手”w
目を見開いてこっち見て、固くしっかり握手するという感じのw
最後は手を振りながら慌しく去って行った知事

美和ちゃんとは別の意味で一瞬の嵐でww


さて最後の試合は

男子決勝

朝日・白鳥ペア―森川・山本ペア

ここも第1セットは森川・山本ペアが好調で競り合うも
第2セットはやはり・・・

21-19
21-12

セットカウント2-0で朝日・白鳥ペアの優勝


全試合が終わると表彰式

向かってコートの左側だけを使ってやったんやけど
その時、その会場によってセッティングは様々やね
愛知の時は同じ位置で正面が表彰台やったけど、今回は左側に表彰台
入賞選手が横に座る形になるんやけどそれがちょうど目の前
おまけに3位の選手は一番外側なんで俺の目の前
3位2チームのうち、浅尾・西堀ペアが外側に来て、
尚且つ浅尾選手が大外に座り
俺の目の前には浅尾選手が居る状況♪

やっぱ俺の座る位置に間違いは無いなあwww

美和ちゃんの右の腿の部分には今日出来た感じの擦り傷があったけど、
これも戦いの後を示してたなあ


表彰式が終わると、恒例の全選手場内一周
試合中などは最前の人しか前に出て来ないけど最後なんで
会場の観客みんな前に出て来てハイタッチなど

俺もいつものように声かけたり、普通にハイタッチしたりやねんけど
やはり美和ちゃんの時は別w

ハイタッチじゃなく両手で握手してw

ひろにぃ「これからも超熱く応援してますから!」

美和ちゃんこっち見て頭下げて

美和ちゃん「はいっ、ありがとうございます!」


後、佐伯選手にはやはり

ひろにぃ「優勝おめでとうございます」

佐伯選手「ありがとうございます」


朝日選手には

ひろにぃ「行ってらっしゃい」

朝日選手やや驚いた感じでw
ちなみにしばらく日本を離れワールドツアーに行く事に際しての言葉やねんけど

ここはハイタッチじゃなくお互い手を上にして握るようにガッチリ握手


会場外へ出るとまずは例の日テレのインタビュー(笑)
この2日間を振り返っての“てい”でw
なんか密着取材に近いんやけどww
最後出て来たとこなんで人が周りに沢山いたけど全くお構い無し
俺のしゃべりも最後はなんかレポ臭い感じになってる気がwww
最後の収録は美和ちゃんへの応援コメントで締め

選手出口にはやはりバーで仕切りが
その間を選手が通って行く時は「お疲れ様でした」と声かけ
浅尾・西堀ペアに関してはやはり最後の最後も車をギリにベタ付け(苦笑)
手を振って見送るのが精一杯
いつものように深々と頭を下げる美和ちゃん

その車が出ると後は三々五々
帰る選手、歓談してる選手
な○せは帰りは宮崎からで時間的に余裕も無かったんで先に駅へ向かってて
最後の最後1人残ってた日テレのクルーの人とも色々お世話になったご挨拶
「次はお台場で」って事でw
「また一番乗りでしょww」って言われたけどねw
まあ向こうもその時の取材担当になってるかどうかわからんけどね
でも出来たらまた再会したねえ
俺も当然一番乗りの“てい”でw


人気もまばらになって俺的にはパンフへのサイン集めの続き

もらったのは渡辺選手と高尾選手
その高尾選手とは同い年w
まして生まれ月も一緒やしww

ちなみにそのプロフィールコメントを紹介

「アトランタ五輪に出場した大ベテラン。
 伝説に残る名勝負を何度も繰り広げてきたカリスマプレーヤー」

さて俺と比較してどんなもんやろ(爆)


一通りもらえるサインも終わったんで帰ろうかと
この会場は駅からちと距離があって、ホテルのバスに乗ろうとしたら
選手ばっか乗ってておまけに宮崎空港へ行くって感じやったかたパスw
俺は遅く終わっても対応出来るように
一番遅い飛行機の離陸になる鹿児島からの便にしてたからww

たまたま予約してないタクシーが来たんでそれに乗車
向かいには予約してタクを待ってるジャンクの取材スタッフ
お疲れさんですw
タクでは宮崎と関西の気質の違いなど歓談しながらw

都城駅からはJRで鹿児島県は国分へ
そこから鹿児島空港行きのバスが出てるけど1時間ちょい待ちとか
駅の待合室で1人で祝杯
この3日間はほんとに楽しかったなあと
美和ちゃんは残念ながら負けてしまったけど、その深い触れ合いの数々♪
勿論ビーチバレー全てにも堪能出来たしね
色んな意味で酔ってたなあ

バスが来てしばし揺られて鹿児島空港へ
鹿児島からの最終の便で関空への空の旅
前の席だったんで最後の方で乗って席に着き、
前をぼぉっと見てると見覚えのある顔が(驚)
その直後書いたこのブログでは敢えて伏字にしてたけどここで発表w
なんと乗って来たのは、

佐伯選手♪

(ここからは内容が多少重複するけどw)

座った席が通路挟んで俺の斜め前
ほとんどの選手が宮崎空港から帰ってるはずやのに、
何故にわざわざ鹿児島空港から?
とにかく嬉しい悲鳴ながらも、場所がやはり違うんで
俺は緊張し捲ったのは言うまでも無くw

約1時間の思いも寄らなかった空の旅
到着してから少し離れたとこを平行して歩いてて、すれ違いざまに相手を見ると
向こうもこっち見て「あっ」てな感じで気付いてくれて♪

俺はとにかくサイレントで「お疲れさまでした」と言いつつ会釈
そこからはお互い2、3度会釈の仕合い
そりゃほんとは出来るものならせっかくなんで色々お話したかったけどやっぱここは我慢
時と場所を考えここは大人の対応でねw

でもほんとにほんと考えてもいなかったサプライズが最後にあったわけで


とまあこんな感じで

ファイテンビーチバレーJBVツアー2007
第3戦 霧島酒造オープン

に纏わる今回の旅の出来事を振り返って書いたけどほんと充実し過ぎててね
まあ読んでもらえればわかるかw
個人的には本選2日目が誕生日前日で
いい○○歳の締めを飾れたなと♪

これでビーチバレーの国内前半戦も終了
何故なら次のJBVツアー第4戦東京は9月
その間、主要選手は海外を転戦するワールドツアーへ
ここでポイントを稼ぐことが来年の北京五輪に繋がるから
残念ながら国外へ応援は行けないけど各選手いい成績を残して欲しいね

ビーチバレー見てるとやっぱ全選手に愛着が出て来て
みんな応援したくなってくる
というか応援してる
特に海外での試合は尚更に

でもやはり一番は

浅尾美和・西堀健実ペア

では最後に本人にも言った一言を


美和ちゃん、超熱く応援してるから!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
サランヘヨ!

って言えばいいのに
2007/05/26(土) 00:49:41 | URL | しみず先生 #-[ 編集]
>しみず先生

それはまた別w

まあ日テレの取材で最終日最後のインタビューは
ちとぶっちゃけてるとこもあるんやけどなあw
それはOA無しみたいやしww
2007/05/26(土) 01:03:45 | URL | 団長 ひろにぃ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。